飛脚・石川〜宝物発見伝

全記事一覧 << 2016/11 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/01 >>

プロフィール

飛脚~HIKYAKU~

Author:飛脚~HIKYAKU~
facebook始めました★
飛脚~HIKYAKU~
https://www.facebook.com/kanazawa.hikyaku
↑でケンサクケンサク~☆

最新記事

カウンター1

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

第1回 加賀・山代~明覚上人と『あいうえお』

2013/07/27(土) 23:09:02

Bon jour!

 

はじまりました新企画!『不定期連載★飛脚の宝物発見伝』のお時間です!

 

この連載では、
「タイムリーな情報を地域に伝え、地域の魅力を運び、地域と地域、人と人、人と地域を結ぶ」
という飛脚~
HIKYAKU~の理念に基づき、私たちが発見した地域の魅力を皆さんにお伝えしていきます(^^)/


さてさて、記念すべき第1回は…加賀・山代の「明覚上人(みょうかくしょうにん)」のお話です!

今を遡ること900年以上、1056年に生まれた明覚上人は、
比叡山で天台宗の僧侶として修業を積み、加賀山代温泉郷の「薬王院温泉寺」の住職をされた方です。

恥ずかしながら私は知らなかったんですが、
上人は
皆さんお馴染みのあれの発展に深ーく関わっている方なんです!あれとは…

そう!あいうえお表です。

小学校とかで使いませんでしたか?
母音(あいうえお)と子音(あかさたな)が表になったこういうもの…↓

…なたさかあ
…にちしきい
…ぬつすくう
…ねてせけえ
…のとそこお

身近すぎてあまり気が付きませんが、このあいうえお表、実はとっても画期的なんです
それは、母音と子音の組み合わせを体系的に分類・表記している点!

あいうえお表が作られる前から、日本には「いろはにほへと」というものがあった訳ですが、
「いろはにほへと」では、どの文字がどういう母音・子音の組み合わせなのか分かりませんよね。
この母音と子音の組み合わせを研究したのが、
密教でサンスクリット語を翻訳するための「悉曇学(しったんがく)」という学問なんです。
そして、明覚上人はこの悉曇学の第一人者だったんですね(・ω・)

山代には、上人の功績を称えて「アイウエオの道」というのが作られました。
薬王院温泉寺の裏山へ続く小道、足元をよく見てみると…

飛脚の「ひ」を発見!! 
九谷焼で作られたあいうえお…が埋め込まれているんです!もちろん飛脚の「ひ」もありましたよ
結構暑い日だったんですが、あいうえお…を追いかけているとあっという間に登れました(^^)
登りきったところには、

明覚上人の五輪塔
お堂の中には上人を供養する五輪塔があります。
森に囲まれた神秘的な空間でしたよ(´v`*)
歴史っていうのは、本当に身近で意外なところにあるものなんだなぁ、と
テンションが上がりました!(・ω・´)歴史好きなんです~

そして、もう一つ注目したいのが、森の木々の立派さ!

スダジイの大木 アイウエオの道にて 
幹まわりが4mくらいでしょうか、素敵なスダジイの木でした
この木だけでなく、薬王院裏の丘は本当に木々の一本一本が素敵なんです~
目の保養&森林浴にはもってこいですね

薬王院温泉寺・アイウエオの道は、山代温泉総湯から徒歩1分(なんて近いんでしょう!)。
あなたも、あいうえお…を追いかけて歴史探訪してみませんか?



それでは、次回の更新をお楽しみに!
Au revoir~

スポンサーサイト
不定期連載★飛脚の宝物発見伝TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hikyakukanazawa.blog.fc2.com/tb.php/5-1ce123db

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Copyright(C) 2006 飛脚・石川〜宝物発見伝 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。